思い出の映像を長期保存

フィルム

今後再生が困難になると予想される思い出の映像は、専門業者に依頼すれば長期保存が可能になります。ビデオダビング業者では依頼されたテープを専用機器で再生し、DVDなどの形にダビングしてくれるのです。カビなどで傷んだテープも修復すれば再生できる例が多く、ディスク面への印刷サービスとともに利用されています。

詳しく見る

コストでの競争が激化中

名刺

業者間でコストでの競争が激化していることから、名刺の経費削減には業者比較を行うのが良いでしょう。品質も維持するために人件費を減らすことで単価を下げている業者を選び、定期的に見直しをすると着実に経費削減ができます。

詳しく見る

カレンダー作成を依頼する

カレンダー

おすすめ業者の選び方

名入れカレンダーを低コストで作成してくれる業者があることを、ご存じでしょうか。年末の挨拶で、取引先から社名が入ったカレンダーをいただくことも多いですよね。印刷技術の向上により、最近は随分1枚当たりのコストが安くなりました。100枚注文する場合、1枚あたり300円程度出せば、シンプルな名入れカレンダーを作成することができるのです。カレンダー自体のデザインも、以前に比べて多様化しています。近頃は、デスクに置くような卓上の名入れカレンダーの需要が高まっていて、販売促進のためのノベルティグッズとして人気なようです。卓上カレンダーなら、かさばりませんし、年末に通販で注文された商品と一緒に顧客に送付することも簡単にできるからです。では、名入れカレンダーを作成してもらうためには、どのような業者を選べばよいのでしょうか。低コストなことはもちろんですが、納期やデザインについても気にしたいところです。年末はどこの会社も忙しいので、早めに納品してくれる業者が好ましいですね。また、いくら安くてもデザインが会社のイメージから遠いのはいけません。ある日本の伝統的な商品を扱う企業から、大安や仏滅などが細かく記載されたカレンダーをいただいたことがありました。イラストも和風で美しく、会社の雰囲気にあっていてすばらしいと思ったものです。かけられる予算の範囲で、会社のイメージに合った名入れカレンダーを注文したいものですね。

種類の選び方の影響

グッズ

ノベルティは耐久品と消耗品に分けて考えると効果が発揮されるタイミングが異なるとわかります。耐久品を制作すると持続的な効果を期待できますが、消耗品の場合には消費期限がないと散発的に効果があり、消費期限があると即効性が得られるのが特徴です。

詳しく見る