思い出の映像を長期保存

フィルム

傷んだテープも修復可能

子供の成長記録や結婚式・旅行などの場面をビデオカメラで撮影している人は少なくありませんが、そうした思い出の映像も今後は再生できなくなる恐れがあります。VHSや8ミリビデオ・ミニDVといった方式で映像を記録したテープは、撮影機器や再生機器の製造終了により再生が難しくなると予想されるのです。テープメディアは湿気や温度の条件によって劣化しやすく、再生機器が健在でも正常に再生できないケースが考えられます。ビデオダビング業者はこのようなテープメディアの映像を再生するための機器を豊富に取り揃えており、DVDなど長期保存に向いた形にダビングしてくれます。知識と機材を持つ人なら自分でもそうしたダビング作業は可能ですが、大量のテープをダビングするのは非常に手間がかかるものです。インターネットから手軽に申し込めるビデオダビング業者を利用すれば、テープを発送するだけで後日DVDなど希望のメディアにダビングして返送してくれます。ビデオダビング業者への申し込みの際にはテープの状態に関する情報を入力することで、傷んだテープの修復などオプションサービスも利用可能です。保存状態が悪くカビが生えてしまったテープは、そのままでは正常に再生できないだけでなく機器の故障にもつながりかねません。再生を諦めていたようなテープでも、高い技術力を持つビデオダビング業者なら丹念なクリーニング作業によってカビを除去し再生可能にしてくれるのです。切れたテープの補修に対応してくれる業者もありますので、事前にテープの状態をチェックしてから申し込むといいでしょう。思い出の映像を長期間保存する際には、映像内容に合わせたデザインによるDVDのディスク面やジャケットへの印刷も欠かせません。ビデオダビング業者に依頼することで映像のダビングからデザイン面まで高品質で実現できるため、自分だけの映像資産を大切にする人たちの人気を集めています。