種類の選び方の影響

グッズ

効果のタイミングが異なる

様々な商品を基にしたノベルティが世の中に流通していますが、制作を行うときには種類によって効果の表れ方に違いがあることを知っておくことが大切です。ノベルティに共通しているのは比較的安価に制作することができて、無料で配ってしまってもそれほど大きなコストにはならない点でしょう。そして、実用性があって消費者に使用してもらうことが念頭に置かれています。ノベルティの分類を行う方法にはいくつかありますが、効果が発揮されるタイミングの違いに着目する分け方は知っておくと良いでしょう。耐久品か消耗品かでノベルティを分けることができ、どのようなタイミングで効果が発揮されて欲しいかに応じて制作する種類を選ぶことが肝心です。耐久品として代表的なのはスマートフォンのストラップやマグネット、クリアファイルなどであり、一度消費者の手に渡ると長期的に使用してもらうことができます。日常的に使用するものなので長期的に効果が得られるのが特徴です。しかし、変化がないことから効果の大きさよりも持続性を重視したものになり、企業の存在のアピールなどに有効と言えるでしょう。消耗品の場合にはティッシュやボールペン、食品などが挙げられます。ティッシュやボールペンのように消費期限のないものを制作するといつ効果が発揮されるかは予測し難いですが、散発的に効果が出るため全体として見ると持続性があります。それに対して食品の場合にはすぐに食べないと無駄になってしまうので、配ってからすぐに効果が出る即効性があるのが特徴です。